スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「不幸な国の幸福論」

不幸な国の幸福論 (集英社新書 522C)不幸な国の幸福論 (集英社新書 522C)
(2009/12/16)
加賀 乙彦

商品詳細を見る


未熟な本です。
システムの問題と、個人の問題を一緒にしています。
対策があいまいです。


全体の主題は、考えない国民から考える国民へのシフト、でした。
1・本当に不満を言うような状況なのか?
2・今の状況を変えるには、自分の何を変えればいいか?
この二つを整理して、各自判断することを勧めています。

要は、
現在は、そこにある事実で、変わらない。
他人が悪い、社会が悪いと言っても変わらない。
マスターベーション以外の意味はない。

本気で変えるなら、自分の生活行動を変えるしかない。
そういうことです。


しかし、その主題すらも破綻しています。

中盤で、
「考えない」例として、自民党の圧勝を挙げています。
これは、おかしい。
小選挙区制は圧勝する政党を作るための制度だから、ある政党が勝利するときは圧勝します。

「考えた」例として、民主党の圧勝を挙げています。
これも、おかしい。
「今の政治がおかしいと気づいた」、というのはおかしい。
自民党政権の欠点に気がついた、ことと、民主党がすばらしい、とは全く結びつかない。
単にマスコミが政権交代を煽りに煽った結果でしょう。
その意味で著者自身が「考えて」いません。


OECD各国の社会保障費率に比べ日本の社会保障率が低い、と仰っています。
その通り。
では過去からずっと予算配分を変えればよかったのでしょうか。
いいえ。
著者の世代が老後を飢えていないのはなぜでしょうか。
企業を社会保障の受け皿とするシステムが作られていたからです。
終身雇用はそのためにありました。
企業を優遇する=国民の福利厚生の担保でした。
将来への不安をもたらしたものは、今まで国が提供してきた人生モデルを破綻させたのに、それに代わる新しいモデルが提示されないからです。
予算配分を変えてもモデルが提示されない限り、生活保護世帯が増えるだけで解決にはなりません。


経済や企業活動を重視する予算配分をした具体例として、小泉政権、麻生政権の後期高齢者制度を挙げていました。
導入の論議で、今後、制度が破綻することが見えていたから、制度を敷いたという経緯がありました。
それを福祉軽視の一言で断罪すると、ものごとの一面に取り込まれず、視点を変えれば生き方が楽になるという著者の主張に説得力がなくなります。後期高齢者制度だけでも、ほんの数ページで結論がだせるようなものではありません。







さらに、
個人の問題として具体的にどうするのかについて、
人生の主人になる、しなやかに生きる、などを挙げています。
一つ一つの語句は、いいことを書いています。
しかし表層的です。
なぜなら、それぞれの語句に相関性が見当たらないからです。
「あなたは、そうかもしれない。では私は?」
それに対する回答がないのです。
秋葉原の犯人のように絶望に取り込まれた若者に伝える言葉のはずです。


前章を受けて最終章で生と死について
日々、気がついたことを章立てにして記録されています。
中身は前章同様、ぶつ切り。
これなら個人ブログで充分です。


そもそも、苦しんでいる人は視点を変え、気持ちを変え、
今を必死に生きて、それでも黒い妄想に取り付かれてしまうのであって、
ここで書かれているようなことはすでにやっています。


何をどうやっても150万の年収を超える方法が見つからず、
時間も金も余裕が一切無く、好きな人とのデートもままならず、
家庭を築き子どもを幸せに育てるなんてもっての外。
「○ちゃん、いつも同じ服ねー」「○ちゃん、お金ないから修学旅行いけないってー」
どうやっても子どもに苦労させる未来しか出てこない。
無責任なバカ親のように、勝手に生んで勝手に育てとブン投げたくない、
幸せに、せめて過不足なく部活などをさせながら大学まで行かせてやりたい、
その程度ですら、果てしない夢物語としか思えない人に、この本は、残酷です。
その日をしのぐ言葉はあっても、未来への展望や希望を語る言葉がないのです。


著者は社会学者ではなくて、医師で、臨床で、カウンセラーに近い立場なのに、
説得力を持たせようとするために、社会学的な方法を求めておかしくなってしまった。
今起きている問題はシステムの問題です。
それを著者は、
個人の問題に矮小化させています。
この問題に触れながら、新しいモデルを提示しない時点で、
本質からの逃走とか、敵前逃亡とか、責任放棄とか言われるべきものです。
最初から専門分野の心理学や犯罪学に特化して論じていれば、ここまで破綻した本にはならなかったでしょう。


「死刑囚の記録」で体ごと人間にぶつかっていった加賀乙彦という作家は
死んだのだな、
それを充分に教えてくれた一冊でした。
スポンサーサイト

星を追う子ども 感想

見てきました。
新海さんの最新作です。
星を追う子ども
名作です。










以下 ネタばれ感想














ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

喪失と再生という大きなテーマに挑んだ野心作でした。

今までの個人的な体験の悲しみや疎外感を一般的に落とし込むことに成功したと思います。

ジブリを確実に意識していますけど、ジブリに飲み込まれずに新海ワールドが展開されます。

ジブリジブリ言っている人は、テーマを読み込めていないのでは。

らしいシーンばかりで笑いが出るほどですが、それに捕らわれると全体を見失います。



見終わった後、題名の意味が深すぎて!

「星を追う子ども」は誰か。     シュン君です。

「Children who Chase Lost Voices from Deep Below」は誰か。     アスナとシンです。

監督は、全ての登場人物が星を追う子ども、といっていますが、

シュン君なんです。そう考えたほうがしっくり来るんです。(暴走)

いや、だって綺麗じゃないですか。

地底から星空に憧れて憧れて、死と引き換えに地上に昇り、願いを叶えた彼と、

彼の最期の唄に惹きつけられて、死の危険を顧みず、地底に赴いた彼女らと。

それが一つの題名に重なっているのは、なんか格好よくないですか?



登場人物は、皆、何かを失うんですよね。

でも、生きること、進んでいくことに「YES」と言う。

どれだけたくさんのものを失っても「YES」は失わない、すごく力強い作品です。


シュンは、命を失い、

弟のシンは、自分の「信じる」ことのために、所属や居場所を失います。

アスナは、父を失い、母を失い(ほとんど家にいない意味で)、友が無く、ようやく心許せるシュンを失います。

モリサキ先生は、妻のリサを失います。死を看取ることなく、戦地から戻ったら病で死んでいたという別れ。

十分に悲しむこともできず、最期の言葉を聞くこともできず。

地底界の神に視力を捧げて祈っても、声を聞いただけで復活させることは出来ず。



それでも彼らは大きなものを失い、小さなものを手に入れます。

シュンは追い求めていた星空を、

シンは良心に背かなかった自分を、

アスナは生きる自覚を、

モリサキ先生はリサの最期の言葉を。




小さいけれど大きな生きる糧を得て、それぞれの旅が再び始まります。



もしかするとこの映画は、テーマを整理しきらないまま、形にしてしまったのかもしれません。

しかし、

作品は鑑賞する者と共に作り上げるものであれば、それぞれの個人的体験を多様に投影できることは、成功といってよいのでしょう。

何度も見返して、その度に印象が変わるような、万華鏡の作品です。






今回は、新海監督のいままでのテーマ喪失と再生を一般化したものでした。

今度はどんな冒険をするのでしょう。

もう一度深く自分の中に潜るのか、絶望と復活という陰の感情を描くか、歓喜という陽の感情を正面から描くか。

映画を作ること自体が目的だった前回までと違い、明らかに作品を作ることにシフトした新海ワールドの次は、読めません。

どんな作品になるにしても、必ず観に行きます。

それより先にDVD!DVD!

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

毒吐姫と星の石

読み始めたらあっという間でした。

なんでしょうね、
この作家さんの原点、ですかね。

やるせない思いの救済とか、
追い込まれた者同士の生き様とか、
うまいですね。

もちろん、
(そんなにうまくいくわけがないじゃないか)
(気持ちがこんなに簡単に変わったら楽すぎだろ)
つっこみはできるのですけれど、
それを上回る感動があります。

ハリネズミのようにささくれ立った心が
柔らかくなる、その一瞬。
敵を傷つけるだけの強さから、
敵も守る強さへ変わる、その一瞬。
誰しも持っているその一瞬を切り取るためだけに
この本は存在しています。

いい本を読ませていただきました。

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

今日の購入本

毒吐姫と星の石 (電撃文庫)毒吐姫と星の石 (電撃文庫)
(2010/11/10)
紅玉 いづき

商品詳細を見る


「ミミズク」が大好きでした。
その分、
MAMA、雪蟷螂と裏切られた感がありまして、
この方の本を手にとっていませんでした。
「ガーデンロスト」もスルーしました。

それでも
僕の大事な作品の「ミミズク」の続編が出たと知って、
手に取りたくて、でも取りたくなくて。

お前は何様だ、という葛藤を一週間続けて、今日買ってきました。
book line netさんが、薦めていたので、手に取りました。

まだ数ページです。
読むことに勇気が必要な本は久しぶりです。
どうなるかわかりませんが、不安と期待でわくわくしています。

この人の文章はライトノベルの枠を超えていますよ。

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

高杉さん家のおべんとう(1)

高杉さん家のおべんとう 1高杉さん家のおべんとう 1
(2010/01/23)
柳原 望

商品詳細を見る


ほのぼのしていて良かった!

本屋さんで見つけました。

花とゆめ連載の「まるいち的風景」の後、お見かけしていなかったのですが、活動されているようでホッとしました。

フラッパーはチェック外でしたww

中身は「少女と31歳のやもめ男との共同生活」。

・・・・

・・・・・・卑猥。

そんな想像しかしなかった私は愚物です。

柳原さんのいいところは、そういう感想もあるだろうな、と予測してネタに落とし込んで、(そういう考えがあるのもわかっているけど、伝えたいことはコレなんだよ!)と言ってくれることです。

いつものように、人の強さや弱さを暖かく見守ってくれています。

2巻もでているようなので買ってきましょう。

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

ヴィンランド・サガ(7)

ヴィンランド・サガ 7 (7) (アフタヌーンKC)ヴィンランド・サガ 7 (7) (アフタヌーンKC)
(2009/02/23)
幸村 誠

商品詳細を見る


待ちに待った新刊です。
ヘタレ王子からブチギレ王子に変身した表紙のお方が大活躍です。

心に刻め!
王子の言葉を!
「天の父はこのようにあがく我々を見下ろしているのだろうな・・・・」
「・・・・・・許せぬ。」

この時の表情がまたいい。
殺意がほとばしってます。

はやく次が読みたい!

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

烙印の紋章

烙印の紋章―たそがれの星に竜は吠える (電撃文庫)烙印の紋章―たそがれの星に竜は吠える (電撃文庫)
(2008/05/10)
杉原 智則

商品詳細を見る


最近2巻が発売されたので読んで見たら大層面白かったのでファンになったしまった本です。

面白い少年漫画は、ダメ男が成長する話か、最初から圧倒的に強い男の話なのだそうです。
前者ははじめの一歩、後者は花形ですかね。

この話はどちらでもありませんね。

両方の側面を持っています。

名作「鉄仮面」をモチーフにしたお話です。

貴族の気まぐれで剣奴隷に身を落とした男が皇子として、表舞台に復帰するも、剣のみの世界とは違った戦いに身を投じるお話。

いや、かっこいい。

こういう歴史物は好きなのです。

自分の分野とかけ離れた世界でも自分の知識をフル動員して見返す主人公は賞賛です。

ウィザーズブレイン7中 天の回廊

ウィザーズ・ブレイン〈7〉天の回廊〈中〉 (電撃文庫)ウィザーズ・ブレイン〈7〉天の回廊〈中〉 (電撃文庫)
(2009/02)
三枝 零一

商品詳細を見る


読了。
やっぱりいいです。このシリーズ。
策士真昼の暗躍振りや、錬の成長、ファンメイの危機、お爺さん達の逡巡と決断。

様々なテーマを一箇所に纏め上げる途中の一冊ですが、お腹一杯ですよ。

もう一回読み直さなくては。

真昼がシティモスクワに一日だけ整備を早めさせたことがあんなところにつながるとは。
さすがです。

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

本日の購入本

雪蟷螂 (電撃文庫)雪蟷螂 (電撃文庫)
(2009/02)
紅玉 いづき

商品詳細を見る
ウィザーズ・ブレイン〈7〉天の回廊〈中〉 (電撃文庫)ウィザーズ・ブレイン〈7〉天の回廊〈中〉 (電撃文庫)
(2009/02)
三枝 零一

商品詳細を見る


給料も出たことだし、欲しかった新刊GETS!

雪蟷螂は、あの「ミミズクと夜の王」の紅玉さんの新刊です。
ウィザーズ・ブレインは待ちに待った続刊。

どちらも強烈なファンを持った方々。
どちらも一年に一冊書けばラッキーな方々。

しかしその実力は折り紙つきです。

早く書ける人を会社は重宝するかもしれませんが、ファンにとっては関係なし!
面白いものが読めれば何年でも待つんです。

明日ゆっくり読みます。

わくわくどきどきです。

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

いまさら「ナイチンゲールの沈黙」その2

ナイチンゲールの沈黙(上) [宝島社文庫] (宝島社文庫 C か 1-3 「このミス」大賞シリーズ)ナイチンゲールの沈黙(上) [宝島社文庫] (宝島社文庫 C か 1-3 「このミス」大賞シリーズ)
(2008/09/03)
海堂尊

商品詳細を見る


読みきりました。
やっぱりライトノベルだ(笑)
特殊能力保持者のオンパレードです。
今回は「歌姫」と「迦陵頻伽」の二人の歌手が主役でした。
ただの歌手ではなく声を通して力を発揮する二人です。

「バチスタ」よりも良かったかな。
子どもの表現が上手でした。

ストーリーテラーの田口先生がだんだんと白鳥に毒されて人間離れするのが面白かったです。
白鳥が登場しても逆に(なに遠慮してんですか)とつっこむ始末。
人間慣れは大事ですね。

作品に2連続で登場する「オートプシーイメージング」、実在するのですね。
作者は現役医師でこのAIを浸透させることをライフワークにしていると聞いて、
小説を書く意味はここにもあるのだなと感心しました。
プロフィール

がっさん

Author:がっさん
サッカーが好きです。ネコが好きです。食べ物が好きです。風景が好きです。いろいろ好きです。おっさんです。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
つぶやき
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。