ブーイング。

つらつらと書いていきます。

ブーイングには覚悟が必要です。

サポとしてブーイングをするからにはとことん覚悟が必要です。

サポは選手とチームを応援して少しでも勝利への後押しをする人です。

だから「ちょっと応援してんだよね」とか「たまにスタに行くんだよね」というだけで充分サポです。

そんな後押しをする人が、なぜかチームや選手に、

「 今日の試合はなんなんだよ、ふざけんな、全員、90分、一つもいいところねーよ、ダメダメだ。それをお前らにはっきり伝えてやる 」と叫ぶ。


選手の後押しをするはずのサポーターが、選手をこきおろす。

この矛盾する行為がブーイングです。

「 おまえらは、応援する価値がない試合をした 」

それがメッセージです。

だから、
サポがブーイングをするからには、後で選手からなぜブーイングしたと聞かれて堂々と「 あの試合は○○だから全部ダメ。あんな試合は二度とさせない。 あんな行為は許さない。」と答えられなければ、やっちゃいけません。それが最低限のマナーです。

どなたかがツイッターで仰ってました。

「 勝ってるときはチームに対して「俺たち」という一人称を使って、負けたときは「お前ら」三人称をつかうってのはやっぱりカッコ悪いよ。」

その通り。かっこ悪いを百も承知でいうからブーイングは重いのです。

共に闘い、勝利も敗北も選手と共にするのがサポーターです。

それを裏切り、かっこ悪さを受け止め、選手からの軽蔑や罵倒を覚悟し、選手の次の試合への気持ちを削ぐかもしれない、それでも覚悟を持って踏み込む、それがサポーターのブーイングです。

その覚悟があって、初めてサポーターはブーイングの資格を持ちます。

それ以外のブーイングはただの自己満足です。ただのファンへの堕落です。

大事な試合で負けたら、もれなくブーイングをプレゼント?

そんなサポーターがいるとすれば、

私はそんな軽いブーイングは認めません。

私は、選手と共に、闘う者でありたいです。

スポンサーサイト
プロフィール

がっさん

Author:がっさん
サッカーが好きです。ネコが好きです。食べ物が好きです。風景が好きです。いろいろ好きです。おっさんです。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
つぶやき
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
検索フォーム