言いたい放題 Vファーレン長崎2015(その1)

今年の選手の一年間
No.01 大久保択生
No.03 趙民宇
No.05 石神直哉
No.06 前田悠佑
No.07 李栄直
No.08 木村裕
No.09 深井正樹
No.10 花井聖
No.11 神崎大輔
No.13 上形洋介
No.14 東浩史
No.15 岸田翔平
No.17 古部健太
No.18 佐藤洸一
No.21 刀根亮輔
No.22 井上裕大
No.23 梶川諒太
No.24 三鬼海
No.25 北川滉平
No.29 碓井鉄平
No.30 代田敦資
No.31 三浦雄也
No.37 武内大
No.39 イヨンジェ
No.39 高橋祐太郎
No.43 植草裕樹
監督 高木琢也


今年も25人態勢だったのですね。
さぁ言いたい放題2015スタート!  

ミヌ:
韓国から戻ってきてくれて嬉しかった。
試合では対人の1:1戦ではほぼ無敗。
展開力や攻撃は正直弱いものの、守りの力は無限大だった。
ミヌほど安心できる最終ラインもいなかった。

石神:
絶対無敵のクロス。
相手を抜かずに上げられる精密キック。
プレースキックならさらに上。
コーナーキックで得点の期待があれほどできる選手もいなかった。
ケガでいったんサブに引いた後、なかなかピッチに立てず、悔しい思いをしたシーズンだった。
北九州に完全移籍した。柱谷監督は、一芸に秀でた選手を生かすのがうまい。
小松の再生で実証済み。北九州で石神直哉の復活を期待。
本来の力なら20アシスト5得点できる。


前田:
CB、ボランチの両方ができる。
今年も苦しい時の前ちゃん頼みで助けてもらった。
でも、前田選手の一番の長所は、左足から右サイドへのロングサイドチェンジ。
高木長崎では両サイドに大きなスペースができるケースが多い。
今年は1回?しか出なかったが、有効な以上、連発してほしい。
相手が対処できないのに、単発で終わることが多いから、どんどん使ってほしい。岸田となら相性がいいはず。
右から左へのサイドチェンジもやってほしい。

ヨンジ:
代表戦のケガがほんとに悔しい。
トップ下、ボランチができる。
ミドルシュートの精度も高い。
視野が広く、長短のパスも得意。
これだけの選手が長崎にいてくれて本当に嬉しい。
アニメが好きで、サポーターが好き。
長崎を一つにのツイートの後、心ない一部サポーターのブーイングでタオルをゴール裏に叩きつけた後、サポに向ける表情が固くなってしまったことも悔しい。長崎には勿体ない選手だと思うけど、長崎にまだ残ってくれると、本当にうれしい。

木村:
序盤の札幌戦での木村らしいゴールの後、なかなからしさが出せず、やきもきしていた。
一瞬のゴールを奪うのが木村。
強引さと繊細さとどっちを優先して形に持ち込めばいいか迷ってしまったように思う。
まだ木村の本当が出せていない。
来期は一瞬の木村をピッチに出してほしい。
あんなもんじゃない。

深井:
出る場面が少なかった。
入った時、残り時間で全力を出し切るプレーがむちゃくちゃ好きだった。
遠慮しない走りっぷりが好きだった。
鹿島の高速豆タンク時代から好きで仕方がないプレーヤーです。
走りとチームの歯車がカチッとはまらないのがもったいないです。

花井:
由紀彦の10番をもらってしまった10番。
覚悟の10番だったけど、もう少し楽な番号でもよかった。
視野の広さ、支える技術、ロング・ショートのパスセンス。
素晴らしかった。
足が75分で止まるので、控えに回ってしまってから出されなくなったけど、北九州ならそこまで走らなくてもいいから、90分持つはず。思い切りのいいパスが出せるはず。
練習試合では交代出場の瞬間からゲームを変えるほどの力を持つから、花を咲かせてほしい。
長崎でしごかれた走力を磨き切ってほしい。
技術とセンスに頼り切りでは代表にはなれないから、足に力を溜めてほしい。

神崎:
サイドで使われたけど、悔しい。
神崎の力はあんなもんではない!
2014年天皇杯岐阜戦を覚えている。
ドリブルでサイドを突破し、シュートし、ラストパスを出し、誰も止められなかった試合。カンザキ・ショータイムだった。
頭がとてもいい選手だから求められる役割に徹することができる。
今年の長崎は守備:攻撃=8:2だろう。攻撃を止められてもカウンターされない位置取りとプレーを求められているはず。
それができるから生き残ってきたけど、神崎の力はこんなもんじゃない。
ぶちかます試合を来期はいくつか作ってほしい。

上形:
PAで足首だけで柔らかいタッチを武器にするトップ。
1トップという敵の圧力が最もかかるエリアで、シュートもパスもできる視野の持ち主。
PA内でもっと相手と遊んでほしい。
相手も観客もまさかと思うパスやシュートができる選手。
未来型1トップ。

東:
がんばれがんばれ超がんばれ。
技術もある視野もある。でも結果がなかなかついてこない。
イライラするシーズンだったと思う。
誰にも負けてないと本人も思っているはず。
あと一歩、あと一歩がなかなか進まない。
トップ下の適正はチームトップ。
極端にやってもいいのではないか?

岸田:
右サイドの突破力はナンバーワン。
突破することに集中して、後ろを見ずに突っ込んでしまって、
しばらくサブに甘んじていたが、復帰後はバランス感覚が見事に修正されてた。
その分、突破回数が減ったので、一回の精度アップが課題。
2014と違ってサイドからPAへの突っ込みも状況によってはOKになっているので、選択肢が増えているはず。
迷いのない鋭さが持ち味なので、カットインからのシュート、得点も早く見たい。
今年はレノファ山口との兄弟対決も楽しみ。
お兄ちゃんを完璧にシャットアウトしてほしい。


古部:
今年の進化はすごかった。
セレッソ戦は100%勝ったのではないか。
守れば奪えるし、攻めれば突破、クロスは石神・由紀彦並みの精度。
後半数試合のレベルはJ2を間違いなく超えていた。
傷は治るし数カ月のものだから、早く元気な姿た見せてほしい。
べーさんがいれば、長崎の左サイドは何の不安もない。
カットインからのシュートを始めているから早く得点が見たい。
カットインから無理シュートが多いから、気持ちに余裕をもてば、いくらでも得点できる。
後半になればなるほど鋭さを増すプレーを今年も見せてほしい。
スポンサーサイト
プロフィール

がっさん

Author:がっさん
サッカーが好きです。ネコが好きです。食べ物が好きです。風景が好きです。いろいろ好きです。おっさんです。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
つぶやき
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
検索フォーム