スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016.04.29vs横浜FC戦

2016.04.29 ホーム横浜FC戦 1-3

最高の前半と崩壊の後半。

前半は0-0だったものの讃岐戦以来の100点の試合。


DF高杉、ボランチ養父・前田、右サイド神崎、トップ下輝希、トップ永井のバランスが絶妙。

GKタクオからダイレクトの低いロングボールが永井に収まったシーン。
ダイレクトの精度も永井の強引なキープも素晴らしかった。

久しぶりの神崎は今までのバランサー神崎ではなく、相手の急所を常に狙うサイドのゲームメーカーだった。
スペースの位置取りが絶妙。
相手CKからGKタクオ弾く、養父が取る、サイド神崎へパス、神崎が養父に戻すと同時に相手DF裏へ走りこむ、
養父が得意のミドルループパスで神崎につなぐ。
この流れは最高だった。

サイド田上が相手2人に追いつめられる→苦し紛れにタッチラインぎりぎりに前に出す→助けにきた龍がコントロールして
→そのまま裏に走った神崎に縦パス→大チャンス
今までだとマイボール→パス→取られて→カウンターの繰り返しだったところが、神崎がいるおかげで
攻めがつながる。これは今までにない動きだった。

ほっこりシーン。神崎が相手PA前で倒されるが笛なし。納得しない神崎さんが主審の西村さんと話をする。
しばらくして二人で拳をゴンとぶつけあってニヤリとして西村さんが神崎に親指をぐっと立てる。
なんかいいシーンでした。

8番のプレーには不満。
シュートチャンスしかダッシュしない。セカンドボールに執着しない。
龍や神崎が体を張って強引につないでも相手が先に触る「かもしれない」ボールは相手に取らせる。
5分のチャレンジをしないので彼の周辺に出たボールはすべて相手ボールになっていた。
体を張ろう、相手に体をぶつけよう、ファーストタッチを1ミリでもずらそう、体をねじ込んでマイボールにしよう。
今日の前線の中で一人だけ淡白だった。
ゴール裏で応援していて8番がどこにいるかわからないことがあった。それは今日のようなプレーなら納得ができる。

別人だったのが輝希。これはいい方に変身した。
トップ下から少し下がってボールを触ることが多かったがマイボールへの執着が違った。
トラップ、落ち着かせ方、キープの仕方、このままでは取られる寸前のパスの出し方が絶妙。
左サイドのボールキープは輝希だった。

ほっこりシーンその2。ハーフタイムが終わりタクオが出てきて、最後まで残って練習していた
キングカズに近寄ってハイタッチ。嬉しそうだったww

後半5分
長崎の守備が破られたシーン。
長崎の守備時は5バックのフラットライン、2ボランチ、3トップにして、
長崎バイタルを2人で守り相手DFラインを3人で追い回す。
2ボランチの横にボールが入ったら5バックの一人が上がり、3トップの一人が下がり
サンドイッチにして奪う。

しかし、この上がり下がりがなければ2ボランチだけでバイタルを全部見るのでスカスカ。
上がり下がりがボールにたどり着くまでの一瞬だけ
バイタルの両脇が開く。そこで横浜は縦パスを入れて溜めずにシュート!
これは恐かった。

58分 PKで相手ゴール0-1
神崎ファールからPK。神崎は文句を言っていたが覆らず、しかも直後に交代。
ベンチに戻ってどっかり座ってしばらく動かず。

58分 PKで相手ゴール0-1
横浜イバは、ど真ん中に蹴りこんで決まった瞬間に腰をクイッと前に振る仕草。
フフン顔が憎たらしかった。

60分 神崎OUT 慶太IN 
慶太はそのまま神崎の位置へ。結果的に悪手だった。
神崎のスペースの埋め方やパスコースを作る位置取りと、慶太のプレーが全く違うために
右サイドがひたすら突破されることに。
奪われた後を考えてプレーすることになり、他の選手の上がりも遅くなった。
バランスが崩れてしまった。

さらに田上負傷。ヨンジがIN待ちの間に、長崎が永井のファインゴールで1-1に。
しかしその後、慶太の2チャンス、8の1チャンスを逃した。
大チャンスを3つ逃した長崎に対し、横浜FCがイバから大久保へ交代。
左サイドにあっさりパスを出され、ヒョンジンが追いつかずフリーでセンタリング、2人がついていて1人だけいた大久保
が頭を2人の隙間から無理やり出してゴール。


この後、養父OUT梶川IN。前田下がり目、梶川前目のボランチコンビにして勝負をかけるが機能せず。
最後は永井・ヨンジの2トップにするが前にボールが入らないままタイムアップ。

神崎がOUTするまではほぼ一方的なゲームだっただけに、PKがもったいなかった。
この試合でわかったのはサイドでトップまでボールをつなげる役がいなかった、ということ。
長崎の方法だとボランチからトップまでの距離が長く、トップ下も
役割が多くてボールをもらいに下がるとトップにボールが入った時に手薄になる。
サイドが中継役、突破役、つぶれ役、奪い役、にならないとボールが
コントロールされたままトップまで渡らない。
または、サイド突破してPA内部からセンタリング・シュートができない。
いわゆるボランチとは別にサイドでのゲームメーカーが必要だということがはっきりしたと思う。










スポンサーサイト
プロフィール

がっさん

Author:がっさん
サッカーが好きです。ネコが好きです。食べ物が好きです。風景が好きです。いろいろ好きです。おっさんです。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
つぶやき
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。