山口の攻め方

快進撃を続けるレノファ山口。

サポをしている長崎の攻め方と比べると、明白な違いがありました。
カウンターでも遅効でも、サイドをえぐるシーンはよく見る光景です。
問題はその後です。
多くの場合、ハイクロスを入れませんか?

しかし、山口は違います。

えぐってからゆっくりゆっくりペナルティエリア(PA)に近づいていきます。
飛びこんだら交わされるので相手DFは飛びこめません。
PAのサイドラインにかかるところまで押しこんだら、仕掛けのはじまりです。
その時間をつかってバイタルには2人・3人が入り込んでいますから、
ゴールを守るDFはバイタルの右・左・中央のケアをします。
PAのサイドラインに人数を割けません。

山口の攻め方A

パターンAがこんな感じです。
PAの周辺をぐるぐる回す感じで、隙をみて角度が広くなったところでシュート。

山口の攻め方B

パターンBがこんな感じです。
GK前にグラウンダーで鋭いボールをいれたところに2人がアタック。
最初の一人がおとりになってもいいし、本命でシュートしてもいい。

PAの中に入ってしまえば攻める方の選択肢は可能性は格段に増えます。
山口はPAライン際にボール支配しながら侵入することを考えているように思います。

あまりハイクロスを上げない山口のお話でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

がっさん

Author:がっさん
サッカーが好きです。ネコが好きです。食べ物が好きです。風景が好きです。いろいろ好きです。おっさんです。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
つぶやき
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
検索フォーム