スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.11.01 アウェイ大宮戦1-2惜敗。

最終鬼の4連戦の第一弾、アウェイで最強の大宮に挑む!
こういう完全アウェイの時のうちはつよいぞ。 空気読まないクラブNO1の座は渡さん!


スタメンはこんな感じ。

     上形
   木村  カジー
神崎   井上   岸田
     前田
  ミヌ 高杉 古部

注目は何と言ってもFW上形。
長崎のFWの中で今一番の可能性を持つのは彼。トップ下との連携もピカ一でトップ下との相性も二重丸。

ボランチ井上も注目。
特にこの数戦の井上の出来は飛びぬけていて、わかりやすい数字に表れないけど、ボール奪取、キープ、パス、シュートすべて、前目のボランチとして高いレベルを維持。トップ下の梶川との位置交換もスムーズ。ミドルシュートの精度も上がってきていて、そろそろ枠を捕える頃なので2013アウェイ鳥取戦のループ2連発の再来を期待したい。

今日の楽しみは、サブも。
石神、北川、高橋、アズマックス、ヨンジェ。 誰が出ても局面をガラリと変えてくれる曲者揃い。石神の直接FK、北川の高速ドリブル、高橋のパワープレイ、東の連携、 重戦車ヨンジェ。 豪華すぎ。ワクワクしてくる。


キャプテンは高杉。
コイントスで久々の「逆で」発動ww
幸先いいなーと思っていたら、

まさかの開始5分での大宮渡部のゴラッソ。
これは止められない。早い時間でよかった。
長崎の左ペナ角付近、梶川が1:1で切り返しを振り切られた。 ペナ外ドフリーからのセンタリングかと思われた軌道は右サイドネットに突き刺さるシュート。
素晴らしかった。

渡部が梶川を翻弄。短い立ち上がりの時間だけで同じパターンでフリーにさせるシーンが2回。その内1回は1点とられて、1回は危機。
渡部がタイミング早く放り込んでくるのを、止められない感じ。

梶川だけじゃない。ピッチ全体で大宮にやられてる。パス回しに追いつけない。
パスが出た後にタックルして、蹴る前にコースを読まれる。
局面の個人の判断の速さでやられてた。

大宮さんは守備になるとフラットな4-3-3に近くなる。
トップの3を片方に寄せて、逆サイドにスペースを作ると同時に、狭い局面をショートパスで突破してくる。 こうして人数をかけて長崎DFを片側に寄せながら、突破できればよし、突破できなければタイミングを見てサイドチェンジを空けたスペースに通す。これが通るとやばい。

今までの相手に比べて、
大宮は判断スピードが速い。長崎はJ2平均の判断の遅いチームの想定で動いていた。そのためすべての先手をとられていた。

しかし、それがわかれば慣れる。
30分を超えると反応スピード想定の修正をほぼ全員が完了。一方的にやられる場面が減って来た。

それでも、
なかなかマイボールが納められない。解説さんは、「長崎は中にボールが入れたいですねー」と言ってましたけど、
『  そんな練習してないし。 』
今期の長崎は基本的に攻撃は外からだけ。 くさびのパスが真ん中に入ることがあっても、必ず外に出してから 中にいれる。そこを警戒している大宮はラクなはず。スカウティングでわかっている話。全体のレベルで少しずつ長崎を上回る大宮を倒すには、それでは破るのは難しいだろう。

つまり、
攻撃面で大宮のスカウティングを上回ることができるか。


そんなことを考えて、
このまま0-1で後半勝負したいなー、ハーフタイムで攻撃面の指示がでないかなー、と笛をまっていた40分。長崎が殻を破ります。

2度連続した大宮への攻撃。
今期はじめての完璧な中央突破を見せました。
ペナ前でショートパス、中央突破から、枠内シュート。
大宮の判断スピードに守備を合わせたら、攻撃も早くなった感じ。
裕大がよく見えてる。 最後の木村シュートのシーン、 岸田から裕大、左サイドに流そうとして壁ができていることに気付いた瞬間、木村とのショートパスを瞬時に選択。狭いスペースでボールを受けた木村が得意の高速反転シュート。ペナ内でキックによる強烈なシュートを打つ、それが枠に飛ぶなんて、今年はじめて。

しかも、
それぞれの選手の状態がいい。
前ちゃんが地味にキレキレ。 ボールの1回転にこだわってパス出ししてる。 古部、岸田のえぐり、センタリんぐの精度が今までにないぐらい高い。 上形がちょっと迷ってシュートタイミングを失った。でも守備の目途がたったから、攻撃爆発してもおかしくない。
全体の中であと後二人、1秒先のイメージつくって動ける選手が出てきたら、全部つながる予感がしたところで前半終了。


すぐの交代はなさそう。
残り20分でどうするか。 長崎が大変身する気配があるだけに、ワクワクすぎる。 解説はヨンジェヨンジェうるさいけど、 石神で交代するか、北川で交代するかの方が気になる。 攻め方がまったく変わるから。

後半は、
ミヌ退場、ヨンジェの奮闘、絶望の2点目、起死回生の北川の炸裂、遠い1点、落ちる体力、高橋DF投入、古部サイドへ移動、潰される時間、そしてタイムアップ。
興奮しすぎてよく覚えてません。

(ミヌ退場後)
     上形

 木村   井上  梶川    
神崎  高杉 前田 古部 岸田


(ヨンジェ投入)
      ヨンジェ

  木村   井上  梶川    
神崎  高杉 前田 古部 岸田


(北川投入)
    ヨンジェ
 北川
      井上  梶川    
神崎  高杉 前田 古部 岸田

(高橋投入)
    ヨンジェ
 北川          (古部)
   井上  梶川     (古部)
神崎  高杉 前田 高橋  古部


今日でわかったこと。
長崎は十分にJ1レベルの相手に勝てる力がある。
判断スピードの調整が終わったので、磐田戦は最初から調整済みの状態からスタートできる。
殻を破れ長崎。飛び立て長崎。俺たちは強い。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

がっさん

Author:がっさん
サッカーが好きです。ネコが好きです。食べ物が好きです。風景が好きです。いろいろ好きです。おっさんです。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
つぶやき
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。