スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

讃岐戦アウェイ (前半2-0(天国) 後半2-2(がっかりんぐ))

ああ悔しい! 勝ちゲームを引き分けにされた悔しさは格別なものがありますね!

悔しすぎたんで、がっさん的分析を衝動的に!

結論から言うと、前半が良すぎて、後半からの讃岐の修正に対応しきれんかったかなと。

PAエリアへの侵入をさせなければ2点との存在しなかったし、得点をしていればこんなこともなかった。

でも、前半のパーフェクトな2点で、1点取られても大丈夫、2-0なら安全!という侮りがありました。

パブリックビューイングの会場でこれですから現地だったら、「俺ら無敵!!」状態だったと思います。

でも、2014の北九州しかり良すぎる前半っていい思い出ないですよね。

勝負は90分でなんぼ。

肝に命じなければいけませんね。



1
前半はパーフェクトでした。
長崎の攻撃時は、ギャップを利用してやりたい放題でした。

2
長崎の守備時は、最前線から追いまわし、ボランチにボールが入っても5バックが出しどころを潰して、これほど安心できる試合はかつてないほどでした。

3
得点シーンは、讃岐がカウンターを仕掛けたところを逆カウンターしました。
両サイドが一気に上がったところをやられたので、讃岐は手の打ちようがない状態でした。

4
後半は讃岐の修正に最後まであわせきれませんでした。
讃岐攻撃時でも4-4-2を崩さず、DFの底に2枚CBを置き、サイドDFは少しだけ上がる形をとりました。
最前線の2人は長崎DFラインの隙間で裏を狙い続け、長崎ボランチとDFラインの間の空間を作り、ミゲルが動ける空間を作りました。ミゲルはトップに入って4-3-3の形を作ることもあり、最前線の3人がかなり流動的だった点もシステムで動く長崎DF陣には苦しいところでした。

勝てる試合だったですよー!
勝てる実力は十分にあるですよー!
あれだけのチャンス、すべて得点につなげればこんなことはなかった!

明日があるさ、いえーい! 

来週はヨンジェをぎゃふんと言わすんだぜ!

長崎、オ・レ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

がっさん

Author:がっさん
サッカーが好きです。ネコが好きです。食べ物が好きです。風景が好きです。いろいろ好きです。おっさんです。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
つぶやき
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。