2016.06..26 vs愛媛戦1-0 「勝負師、高木」

「勝負師、高木」。
高木監督は勝負に出ました。全体の戦略、そして選手交代。
今までないほどの冒険をした戦いで勝利しました。
大きいです。
この戦い方で勝てる。
バリエーションがさらに広がりました。

詳しくは後で述べますが、2トップの3-5-2で2トップの個人力を活かすか、局面打破の変則4-4-2で数で圧倒するか。
どっちでも戦えるし、守れる。これは強い。

さて、
前節の2-2でリードを守り切れない、リードできない、しても守り切れない。
それは今期当初から延々と続く、「  意外性のあるボールへの反応の遅さ  」が致命的だ、と書きました。

ですので、
今回のポイントは「 反応が改善されているか 」そこだけでした。

結論は、
「 大成功!! 」です。

試合内容は見た目がミスばかりでつまらない試合なのでやられてんじゃねーか!と怒る方もいるでしょうが、
死に至る病は、驚くほどの精度で改善されていました。

試合は、大変な肉弾戦でした。永井の膝にはひやっとしました。ヒョンジンが倒され、洸一が吹っ飛ばされ、ファールばかりの試合です。
しかし、今までの長崎からすると、これはありえないことです。

だって、今までは体を当てることなく、最初からディレイだったのですから。
相手ボールにしてからゆっくり守備態勢に入っていたのですから。

イーブンなボールに対し、相手と体を30cmの距離に持っていく、ことから始めていました。
そして体を当てることから逃げずに相手の後ろから足がでるという、粘り強い守備を、
これが重要なのですが、全員が行っていました。

ただし、いきなり始めたので、体を当てる守備になったのは仕方がないところです。
相手のパスの先読み、1タッチのこぼれ球の先読み、ドリブルの軌道の先読み、ポジショニングでボールを奪うのはもう少し先です。
先読みが外れてもカウンターを受けないで体をぶつけられる位置、これを全員が徹底できるのはもう少し時間が必要です。

激しいプレーになったのは、それが原因でした。
愛媛の監督は、面食らったでしょうね。今期の長崎ではありえない守備プレーの連続でしたから。

得点がとれたことよりも、時間差守備アタックの連続でボール奪取が復活したことの方がよほど、重要です。


さて、
フォーメーションです。
高木監督は勝負をしてきました。
今まで、点が必要な時だけしか使わなかった変則4-2-3-1(3-2-3-1プラス1)をキックオフから使ってきました。
これです。
2016.06.26 5

キッシーが高い位置を取る時はこんな感じです。

2016.06.26 1-2
キッシーが高い時は、ひょんじんが下がり、
ひょんじんが高い時は、キッシーが下がります。


4バックですが ひょんじんとキッシーが交代で4バックに入ります。
前半はかなり高い位置をひょんじんが取ってきました。
そしてほとんど戻りませんでした。


前半は両方が戸惑いながら、それでも反応が早く、体の寄せが近いために、愛媛を自由にさせることもせず、
しかし久しぶりの変則4バックで1トップなため、永井が孤立する時間が多く、0-0で終わりました。

後半も同じような態勢でスタートします。
ただ前半ヒョンジンを上げたので後半はキッシーを上げるかな?と思いましたが、
その通りにしてきました。

2016.06.26 2-1

しかし、この4バックは穴があります。ここです。
2016.06.26 2-2

そこで高木監督はキッシーを「少し上がり目」に設定しました。
こうです。
2016.06.26 2-3

この形で後半に入ります。

さて、
ここで事件がおこりました。
「洸一2枚目イエロー未遂」です。
結果は「ごめん、やっぱ永井だったー」でした。

何が起こったのでしょうか。
シンプルで、「キーパーに対して、足の裏を見せてファールしたことが、危険行為として、イエロー」、ということでした。

しかし、ここには大きな誤審がありました。2重三重の誤審で、私は見過ごすことはできません。

① そもそもファールではない。
   あのとき、相手GKがゴール前でパントキックをしようとしました。
   目の前4メートルにいた永井は、パントキック直後のボールを足の裏で止めました。
   4メートルの距離で足をあげても、GKにはあたりません。
   なんの危険もないのです。
   ファールではありません。

② オフサイドではありません。
   永井が弾いたボールはGKの後ろに転がりました。
   永井は反応が遅れたGKを追い越しボールに触れました。
   そこで副審がオフサイドの旗をあげました。
   副審は永井の隣にいた洸一がパントキックを止めたと判断したのです。
   しかし、相手GKのボールをカットして、自分でそのボールに触って、オフサイドになりますか?
   絶対に、なりません。

③ またもや見過ごされた永井のゴール
   ファールでもなく、オフサイドでもなく、永井が触れたボールは愛媛ゴールに吸い込まれて行きました。
   ゴールだったんです。
   ゴールなんですよ!

   ファールでないものをファールにされ、オフサイドの間違えられ、そして1点うやむやにされた。
   チームはJリーグに抗議文を出すべきです。
   こんな誤審が毎回行われたら、選手はサッカーできません。
   よく、選手やスタッフが我慢したと思います。

そして愛媛ゴール裏から聞こえた「早くだせーおらー!」。
ケガして倒れている選手にそれはひどいです。


後半に危ないシーンがありました。
64分の愛媛瀬沼のシュートです。
問題はあの時に、長崎の右からのセンタリングがフリーで上げられたことです。
なぜフリーなのか、わかりませんでした。

きっかけは両サイドが同時に高い位置をとったことでした。
交代後の動きにつながりますが、ヒョンジンもキッシーも高めに位置しはじめていました。
2016.06.26 3-1

スローインが相手に取られ、それを2ボランチの両方が取りにいってしまいました。
2016.06.26 3-2

ぽっかり空いたバイタルを27村上さんが耐えきれず埋めに行きます。
しかし③バックの一角がバイタルを埋めに行くということは、もっと危険なスペースが空くということです。
2016.06.26 3-3

当然、相手はそのスペースを使ってきました。
2016.06.26 3-4

これが瀬沼の危険なシュートにつながった理由でした。

この時間が一番危険でした。
サイドが意思統一できません、両ボランチは一緒に上がります。梶川は戻り切れません。ボールの出しどころも潰せません。

スカパーでは監督が下を向いて一心不乱に考える姿を映していました。

どうやってこの状況を変えるか。難問です。

監督の答えはこれでした。
4-1-4-1。

2016.06.26 4

状況を整理して、攻める人と守る人をはっきりさせて、選手の意識をシンプルにして役割に専念させました。
大きな勝負でした。
梶川OUT、中村IN   裕人OUT、ヨンジIN。
要の梶川をOUTさせ、中村の突破力にかけました。 そしてボランチ本職のヨンジに任せました。

ピンチが何本もありましたが選手は乗り越えました。

結果は、ご存じのとおりです。

中村のスーパーなゴールが試合を決めました。

次の徳島戦、注目は、今日の守備意識の連続です。
連続すればホーム戦の勝利は時間の問題です。

勝負師、高木。
堪能しました。
次も見せてほしいです。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

がっさん

Author:がっさん
サッカーが好きです。ネコが好きです。食べ物が好きです。風景が好きです。いろいろ好きです。おっさんです。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
つぶやき
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
検索フォーム