「悔しい悔しい松本戦。」 2016.07.24 ホームvs松本戦(0-1)

ぐぅううう、おぉおおおおおお、 くーやーしー!!

そんな悔しい松本戦はこんな試合でした。

スタメン。

2016 07 24 001

15キッシー.13ヒョンジンの位置を変えてきました。それぞれの利き足をピッチの内側にすることで、切れ込んでシュートをしやすくする、または、ゴールに向かうセンタリングをする意図では、

と読んだサポさんがいました。すごい説得力あります。


右サイド攻撃 時は4バックになることが多かったです。
2016 07 24 002


さらに
右サイド攻撃 13ヒョンジンが上がった後、7がフォロー。7ヨンジがよく前でチェックしてました。
2016 07 24 003



左サイド攻撃
2016 07 24 004

2坂井の精度の高いフィードを活かしたサイドチェンジを起点にしようとしていました。
しかし、13が、追いつけるかもしれないボールを諦めるシーンが何回かあり、そこがとても残念でした。 右サイドが追わないため前でキープできず、キープができなければ、狙っていた、右サイドから切り込み→シュートもありません。


右15キッシーなら追いつくので、これなら位置を変えなくてもよかったかもしれません。
2016 07 24 005


ちなみに13は足元1メートルのグラウンダーのボールなら追っていました。ハイボールは追いません。特に追いつけないかもしれないボールは、全く追いません。体力の関係で、そういうことにしているのかもしれません。


ところが
左サイドは15キッシーが確変中。

2016 07 24 006

5試合ほど前からいい動きをしていました。とうとう前節、得点という結果を出し、自信を付けている様子で大化けしています。
キレキレです。
ドライブシュートは入ってほしかったです。


後半に入ると、前の対戦の再来のような、途切れないセットプレーに長崎は苦しみます。

後半 交代後 23→20
2016 07 24 007

引き気味1トップに状態になってしまい、永井一人で最前線でボールを確保できません。
弾いては相手ボールになり、タッチに逃れますが、松本のスローインからCKからFKからシュートを見舞われ、ギリギリで防ぐ。

連続セットプレーで体力を削られ、足が止まりました。
最後80分に押し込まれてしまいます。



89分に2枚変え。
岸田→田上
洸一→松本。
最後の交代です。

2016 07 24 008


田上はそのまま岸田の位置SHへ。上の位置の田上は初めて見ました。
松本はFWの位置に入るかと思ったのですが5バックの左でした。

ラスト5分に1トップにして、前線でボールをキープする松本からボールを奪いたかったのですが、コーナー付近でボールキープに徹する松本から奪うことができずタイムアップ。



松本とやるときは、あの連続セットを止めないと。
同じことの繰り返しになってしまうことがよくわかりました。
悔しい負けでした。






おまけ。
今日の長崎 ここでミドルシュートを 防がれた岩間雄大をご覧ください。
2016 07 24 岩間2
岩間の特長は、3秒後のボールと人の位置を読む力です。
長崎の時は守備に活かされていましたが、松本に来て攻撃に発揮できていました。
成長できていることが確認できて本当によかった。
試合後のアルプス一万尺では満面の笑みでした。

次は泣かせてやるんだからなー!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

がっさん

Author:がっさん
サッカーが好きです。ネコが好きです。食べ物が好きです。風景が好きです。いろいろ好きです。おっさんです。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
つぶやき
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
検索フォーム