vs金沢戦 2-1

勝ったどー!
スタメン見たとき、これはヤバイと思ったアホな頭は私です。
DF2人退場で失った長崎のスタメンは興味深かったです。
しかし見た時、がっかりしました。

木村
澤田 志有人

翁長 養父 島田 飯尾

 北谷 前田 乾

木村の1トップは前節で失敗。
養父は守備に劣り、島田も攻撃が得意な選手で
ボランチに守りができる人がいない。

今までの試合通りなら、
木村が1トップで最前線にい残り孤立。
一人少ない状態でボールを5バック4MFフラットで
ひたすら前にボールを蹴り、相手に取られることを繰り返し、
そのうち耐えられなくなって失点。
しかも
中央は養父・島田。
DFはCB中央に前田。キャプテンをCBにおいて横に前田ならわかるし、
北谷を使うならキャプテンだろうと。
なれないCB中央、守備の弱い2ボランチ。

これで失点しないはずがない。

唯一の救いはパジャルド・ファンマがなんとサブにいたことでした。
パジャルドのMF交代がいつか、
FWファンマにいつ交代するか。

そればかり考えていました。
なんとか無失点で後半につなぎ、
後半早々に2枚交代でケガ空け調整明けの二人が出てくればなんとか・・・という予想でした。



結果は大間違い。嬉しい誤算でした。

まさかの完璧な前半、調整必要な後半となりました。



がっさんの最大の誤算は、高木監督が選手に合わせた戦術を敷いてきたこと。
それと、相手に自分たちの強みを押しつけような采配をしたことでした。



試合が始まると、今までと違う点が多すぎて驚かされました。

1、木村が下がっている。
木村がファンマのようにポジションを下げて
3トップのようになっています。
ファンマが始めて志有人が真似して有効だった方法です。

2、ハイボールを無理に競らない。
ほどほどに競りますが、今までのように競り合いに勝ってヘディングすることに
重きをおきません。
体をあてて制限して、落ちどころを狙いにいきます。
制限することが目的なのでバスケのスクリーンを多用します。

3.守備時に5-4--1にならない。4-3-3
相手ボールになったら4-3-3になって
ハーフウェイラインでおっかける組と、
DFラインで刈り取る組に分かれてボールを刈り取る。

  志有人 木村 澤田

 翁長   養父   飯尾

北谷  島田  前田   乾

木村、志有人、澤田で相手をおっかけて、苦し紛れのパスを養父が刈り取る。
島田が下がって最終ラインをフォロー。


4.ボールを取ったら近場は志有人、遠目は木村に預ける。
マイボールにしたらちょい遠目に木村、ちょい近めに志有人がいるので、
相手が迫ってきても安心して預けることができる。
こぼれを澤田がさらにねらう構図。
   木村
澤田
   志有人
 翁長   養父   飯尾
   島田
北谷   前田   乾




点を取って勝ったこともそうですが、、
これだけの変化をつけてチームを生まれ変わらせたことが今は
楽しくて仕方がありません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

がっさん

Author:がっさん
サッカーが好きです。ネコが好きです。食べ物が好きです。風景が好きです。いろいろ好きです。おっさんです。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
つぶやき
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
検索フォーム