ファンマが消えた理由と、木村裕の復活の可能性。


愛媛-長崎 1-0 2017.04.22 敗戦。

DAZN視聴でした。
愛媛は守備フラット5の5-2-2-1。
長崎は3-4-2--1かボランチ島田が下がっての4-3-2--1。1トップは木村。

試合は長崎ペース。 愛媛中盤4人に対し長崎6人。数で中盤優勢にしてボールキープできている。

木村がいつも以上に孤立する高い位置を取る。
それでも中盤がフリーでパスを出せるのでほどほどに収まった。

ただし愛媛DF3人vs距離遠いトップ1人なので、収まっても無理なシュートになりがちだった。

対策は二つあった。

一、7幸野が木村と中盤をつなぐ。または
二、木村が少し下がる。

長崎は前者の方法を取った。解説によると高木監督はシュート数を増やしたいということ。木村にあえて高い位置を指示している可能性が高い。木村の反転力は特筆すべきものがあるので、木村の足元に縦パスが入れて攻略する意図か。

愛媛のシステム。
守備はフラット5の5-2-2-1
攻撃は 3バック の3-2-4-1

3バックに2人ボランチが下がって5バックになる。 ボールを奪うとDFラインに入ったボランチ2人がドリブルで上がってゲームメイクする。 短いドリブルの間に前線で4-1を作りパスコースを生み出す。

長崎木村の1トップは相変わらず遠いが、20分過ぎから気にならなくなった。 理由は対策が機能し始めたこと。奪ったボールを島田、翁長、幸野などでつなぎ、次第にポジションを上げて行き、味方が上がり切り人数が揃ったところで中に入れる。

2016は2人ぐらいしか上がらず、相手の守備が整うのを待ってセンタリング、弾かれてカウンターを食らい続けるという期待できない攻撃だったが、 2017は中盤でつなぎながら全員が上がるので遅攻でもゴール前で数的不利がない。 押し込んでるのでカウンターの危険も小さくなっている。

0-0のままハーフタイム。
ダゾーンのアナが高木監督に、シュート数が少ないからうまく行っていないのでは?と質問。 高木監督は一瞬反論しようとしてやめて、別の質問で敵陣でボールをもっと回せと指示した、と返事。

高木監督がかわいそうだった。せめて シュート数を上げるために1トップへのロングから、中盤の押し上げに変えたように見えましたが、指示通りですか? ぐらい聞いてほしい。



木村。ほんとに今年は調子がいいのだろう。スライディングするし、あきらめない、なんとしてもつなぐ。 体を当てることをまったく怖がらない。去年のケガ明けとは大違い。 何本か足元への縦パスも入ってるから十八番の反転からのシュートまであと少し。

残り20分になってファンマが用意された。木村の時間が少ない。調子の良さはわかった。献身性も見た。後はフォワードらしさを見せてくれ。ボールが木村に入った時、思わず叫んでいた。

木村、きめろ。

ボールはゴールの枠を外れて転がった。残念。


2試合おいてファンマが戻ってきた。途中からの試合は始めてだ。
アナが聞く。
アナ ファンマの良さは?
解説 収めるところとあわてないところです、かねぇ...
間瀬監督 横のボールに強いストライカータイプ

よしよし。解説でこのレベルならまだ見つかってない、見つかってない。
笑ってしまった。
ファンマは大きいし技術があるからターゲットマンに見える。それは間違いではない。しかし彼の良さはそこではない。
ファンマの最大の長所は「自分を活かす距離感」。
ファンマは2トップであろうと1トップであろうと、DFがボールを持つと、ボランチぐらいの位置まで平気で下がってくる。万全の状態でボールを受けると、味方に捌いてゆっくりと上がっていく。この1タッチで周囲が動き直す時間が作れる。下がる余裕がない時はパスコースを作る。
解説が言った収める長所は誤りではないが、得意の距離を調整することで収める可能性を高める、というファンマの特徴はそれではわからない。
間瀬監督の言うストライカータイプというのは、大間違いもいいところ。どちらかというとゲームメーカーに近い。


しかし、ファンマが入って攻撃が機能不全になってしまう。

ファンマにボールが入らない。

戦術の極端な変更に選手がついていけなかった。
○ファンマ投入前は、中盤全体で押し上げ 1トップで張る木村を吸収してから決定的なパスをゴール前に入れていた。
○ファンマ投入後は、中盤で不十分な状態でもファンマへのパスコースはファンマが作るから、とりあえずファンマ。が戦術になる。

しかしファンマ投入後も相変わらず中盤でつなぎ過ぎてファンマが作ったパスコースが消えてからのパスになるので、ファンマにボールが届かない。ファンマが消えた。


そこで
高木監督は中盤構成役の幸野を下げドリブラーに吉岡を投入。ファンマに当てるしかない状況にして、澤田吉岡が2列目から飛び出す意図。

次は
宮本に変え、視野が広い養父を投入。

それでもファンマにボールが入らない。苦手なヘッドで競らせるボールが多い。

試合はファンマ直後の田代から乾へのパスカットされてからのカウンターで失点した1点を返すことができずにタイムアップ。

それよりも、
選手に合わせて戦術を変えることができなかったことが問題。
高木長崎は、試合の途中に自分たちで戦略を柔軟に変えることが、本当に苦手だ。

今日だけで言えば、
木村の代わりに畑でもよかったかもしれない。
畑ならポスト力は弱いかもしれないが、シュートの積極性、正確性は上。
中盤の押し上げは機能していたので、中盤に畑を飲み込んで、パス回しに組み込むことができれば、得点チャンスが増えるかも。

もうひとつは、
養父とファンマの一気二枚替えでもよかったかなと。パスの出し手と受け手が変われば、戦術変更もしやすい。


良かった所
それでも良かったところがある。
○ファンマ元気。次はスタメンで行けそう。
○木村とても元気。結果まで後少し。
○木村ワントップの時の攻撃の形を作れた。あれなら木村が孤立しない。中盤の攻防で勝つことが条件。ファンマ不在、幸野1トップで使えない時の形ができたのは大きい。
夏を考えれば悪くない。
○ 失点シーンも含めても、90分の北谷の守備が良い。ミスもなくいい感じ。


木村が活きるフォーメーションが見えたのは大きい。
もちろん、木村が厳しい状況にあることは変わらない。
勝ちゲームになるのは、ファンマ1トップ>志有人0トップ> > >木村1トップの順。
夏に一人でポストができるFWが補強されたら木村の出番は激減してもおかしくない。
それまでに結果を!!

気の利いたオフザボールの動き、監督の指示通りに遠く張る1トップ。それは他の人でもできる。木村にしかできない動きは前節にやった反転を活かしたプレー。中盤で反転してマークを外したら、ドリブルに切り替えて局面を変えることもできるが、木村はドリブルが苦手。その先はパスしかない。自分だけの武器が少ないように見える。

手札を惜しみなく使って、1秒でも多く、有利な局面を作り出して欲しい。

木村には可能性があるだけに、もったいないと、心から思う。

がんばれ、木村。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

がっさん

Author:がっさん
サッカーが好きです。ネコが好きです。食べ物が好きです。風景が好きです。いろいろ好きです。おっさんです。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
つぶやき
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
検索フォーム